2016年12月アーカイブ

以前に私がオンラインカジノスロットでの収入で、生活をしていた時の事です。元彼・仲間達とホーム以外のパチ店へ、偵察を兼ねて行った時、凄い体験をした。

私はある程度、出そうな台をやり終え、彼氏はまだオンラインカジノスロットをやっていたから、隣で手に持っていたメダルで回してみると、何とレアな演出が入り(当たり確定)、ボーナスを引いたわけ。

やった機種は連チャンすると、凄い台だったのですが、ボーナスからずっと連チャンを続け、閉店まで2~3時間ぶっ続け状態。終わる前に閉店時間が到来し、終わるまで続けてたらどれだけになったろうと、とても悔やまれる。

同時にあいつも、オンラインカジノスロットで勝ってやがった。手に持ったメダルが何と10万になったのは、後にも先にもこれだけ。

当時、仕事としてやっていた私が、乱れ打ち等めったにしなかったけど、今度ばかりは乱れ打ちも捨てたもんじゃないな、と思い直す。

パチンコやオンラインカジノスロットは、こういう事があるから皆やめられないんだなぁと、つくづく思うよ。

否定できる立場じゃないけど

2016年はベッキーから始まり、宮崎議員、狩野英孝と次々と恋愛スキャンダルが発覚している。

そんな中、出ました大御所・桂文枝、演歌歌手との20年愛。ここまで来るとスケールが違うな(笑)

34歳年下の紫艶さん。現在も関係が続いてるのかは分からないが、某週刊誌で2人の関係性について彼女が告白したのが事の始め。

当初は交際を否定し、「娘という感じで応援した」と語っていた文枝だが、その後LINEは流出、フェイスブックには文枝の写真まで掲載されてしまったらしい。

まったく見たくないが・・・。なぜ今頃になってカミングアウトしたのか、紫艶さんの真意はわからないが、ここまでやったらリベンジという罪に該当するはず。

私自身、不倫を否定できる立場じゃないけど、肯定もしない。でも、したからには墓場まで持ってく覚悟で、関係を持つべきではないかと思う。